くらし情報『マーティン・スコセッシ、ローマ国際映画祭で功労賞を受賞へ』

2018年6月21日 17:00

マーティン・スコセッシ、ローマ国際映画祭で功労賞を受賞へ

マーティン・スコセッシ、ローマ国際映画祭で功労賞を受賞へ

マーティン・スコセッシ

マーティン・スコセッシが、ローマ国際映画祭にて功労賞を贈られることになった。スコセッシは、10月18日から28日にかけてローマで開催される13回目となる同映画祭で、イタリア人映画監督パオロ・タヴィアーニから同賞を手渡されるという。
映画祭のディレクターを務めるアントニオ・モンダ氏は今回の受賞について、「映画界の巨匠に功労賞を贈ることができるなんてとても光栄に思います」「マーティン・スコセッシを祝うことができることに興奮や感動を覚えますが、今回の受賞は素晴らしい監督ということだけでなく、数々のイタリア映画をはじめとした名作の再発見への非常に大きな貢献を評価してのことです」と語った。
スコセッシは両方の祖父母がシチリア島のパレルモ出身というイタリア系アメリカ人であり、2002年の監督作『ギャング・オブ・ニューヨーク』ではローマのチネチッタのスタジオで撮影を行ったこともあるほか、イタリア人監督に焦点を当てたドキュメンタリー作『マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行』を製作するなど、イタリアとは縁が深い。
そんなスコセッシは今年3月、来年公開予定のギャング映画『ジ・アイリッシュマン』の撮影を終わらせていたところだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.