くらし情報『キャシー・グリフィン、米大統領暗殺の陰謀で重罪の可能性があった!?』

2018年6月22日 09:00

キャシー・グリフィン、米大統領暗殺の陰謀で重罪の可能性があった!?

キャシー・グリフィン、米大統領暗殺の陰謀で重罪の可能性があった!?

キャシー・グリフィン

キャシー・グリフィンが米大統領暗殺の策謀の罪で重罪の可能性があったそうだ。昨年5月、キャシーは写真家のタイラー・シールズと共に、ドナルド・トランプ大統領を模した血だらけの首を持った姿を撮影し、多数の批判を受け、当局の捜査を受けるなどの騒ぎを起こしていたが、2ヶ月後には無実となっていた。
キャシーは今回の一件は今でも表現の自由の問題と考えているようだが、実刑判決を受ける可能性もあったという。
キャシーは『エクストラ』でこう弁解している。「あの写真とは関わりたくないと思った時があるのも本当よ。でも本当に(表現や宗教の自由を保障している)合衆国憲法修正第一条の問題なの」「米大統領暗殺の陰謀を企んでいる罪で私を起訴しようよしてた。私が典型的なISのメンバーのようだからでしょ?」
さらに、キャシーは当時のことをこう回想した。「2日間、むせび泣きないてたのは認めるわ。ひどい記者会見を開いて、さらに悪化させたことも。四方八方から責められた」「捜査官の取り調べを受けながらも、もう一方ではFBIから『OK、筋が通っています。彼らの発言は脅迫的だ』という電話を受けました。なので、色々あったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.