くらし情報『レベル・ウィルソン、コミック本の映画化で製作兼主演へ』

2018年6月28日 16:00

レベル・ウィルソン、コミック本の映画化で製作兼主演へ

レベル・ウィルソン、コミック本の映画化で製作兼主演へ

レベル・ウィルソン

レベル・ウィルソンが、コミック本『クラウデッド』を映画化するようだ。『ワタシが私を見つけるまで』や『ピッチ・パーフェクト』などで有名なレベルは、今回主演だけでなく、自身の製作会社キャンプ・シュガーを通して、製作にも携わるとハリウッド・レポーターは報じている。
近未来が舞台となる『クラウデッド』は、経済がワークシェアリングやアプリに基づいている世界の中、暗殺を依頼するクラウドファンディングが人々から人気を博しているという設定になっている。そして、チャーリーという名の女性が突然、暗殺計画の渦中にいることに気づくことで物語が展開する。
脚本家はまだ決定していないものの、原作者のクリストファー・セベラが映画化にあたり相談役としてのプロデューサーを務める見込みだ。
ここ最近、映画よりもテレビの影響が大きくなりつつあるが、レベルは映画製作から逸れることなく、現在は音楽プロデューサーのサイモン・コーウェルと共に別の映画製作にも携わっているそうだ。
レベルはこう話している。「まだ力はあるわ。K-POPの映画を作っているの。サイモンってすごく音楽的な人だからね。アジア人が多く出演するのよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.