くらし情報『ピアース・ブロスナン、ハンサムすぎて仕事を逃した!?』

2018年7月1日 08:00

ピアース・ブロスナン、ハンサムすぎて仕事を逃した!?

ピアース・ブロスナン、ハンサムすぎて仕事を逃した!?

ピアース・ブロスナン

ピアース・ブロスナン(65)はその端正な顔立ちに生まれたことをとても幸運に思っているそうだ。1995年から2002年まではジェームズ・ボンド役を演じていたこともあるピアースは、その容姿を保とうと日頃から努力をしているというが、仕事上そのハンサムな顔立ちが仇になったこともあるのだという。
「この顔に生まれたことはすごく幸運だったと思うよ」とピアースは話す。「7歳の時にくじでクシが当たったんだ。それが整髪料を使い始めたきっかけだね。維持しようとすごく努力している。毎日のようにトレーニングやエクササイズをしてるけど、若い頃でもこのルックスが理由で思い通りにならないことがあるはずだと気づいてた」「それに背が高すぎると言われたこともあるし、すごくやりたかった役に黒すぎるとかハンサムすぎるとか言われたことは何度もある。『アンジェラの灰』とかね」
最初の妻カサンドラ・ハリスとはがんで他界する1991年まで結婚生活を送り、2001年に再婚したキーリー・シェイ・スミスと今でも夫婦円満なピアースは、魅力的な相手との出会いが多々ある業界でも、誘惑に負けることはないのだという。「女性は大好きだよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.