くらし情報『2パックの殺人事件、引き続き捜査中』

2018年7月7日 10:00

2パックの殺人事件、引き続き捜査中

2パックの殺人事件、引き続き捜査中

2パック

2パックことトゥパック・アマル・シャクールが殺された事件について、ラスベガス警察署は現在も捜査中だという。1996年9月、ラスベガスにて車での移動の最中、銃撃に倒れた2パックだが、最近になってその車に同乗していた元ギャングメンバーのデュアン・キーフD ・キースが同事件に関する新たな証言をしたことで、同署は今も殺人事件として取り扱っていることを発表した。
BET制作のドキュメンタリー番組『デス・ロウ・クロニクルズ』に登場したキーフDは「俺はコンプトンの中心人物、ドラッグディーラーだった。2パックの殺人事件に関して知っている唯一の生き残りだ」「皆が俺を20年間追い続け、今やっと表に出てきた。理由はがんを患い、最早何も失うものはないからだ。目下の関心事は事件の真実のみさ」と語り、当の犯人についてはストリートの掟に反するとして特定するのを拒みながらも「(銃弾は)後部座席から放たれた」と告白していた。
車中、胸、腕、太腿と計4発の銃弾を受け、6日後に死亡が確認された2パックだが、現在ファンたちがChange.orgを通してラスベガス署に対してキーフDにコンタクトを取るよう請願している所だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.