くらし情報『ラッセル・クロウ、『デッドプール2』作者のうっかり発言に激怒!?』

2018年7月7日 16:00

ラッセル・クロウ、『デッドプール2』作者のうっかり発言に激怒!?

ラッセル・クロウ、『デッドプール2』作者のうっかり発言に激怒!?

ラッセル・クロウ

ラッセル・クロウが『デッドプール2』作者からのオーディション依頼に激怒したようだ。同シリーズ作者のロブ・ライフェルドは、撮影前に脚本を読まないことで知られるラッセルに、ケーブル役のオーディションを依頼するようなツイートをしてしまったのだという。
コライダーに対してライフェルドは当時をこう振り返る。「ある晩、寝る前の話さ。ラッセル・クロウツイッターを使っているとは知らず、返事が来るとも思わずに、愚かにも『なぁ、ラッセル。ケーブルに向けて本読みしてくれよ!』ってツイートしたんだ」「まずいことになったね。すごく怒られた。彼はオーストラリアにいるから、寝ているときに起こされて、『何を読めって?』ってラッセル・クロウから言われた。そうしたらマネージャーが『ロブ、ラッセル・クロウは役のための本読みなんてしないんだ。君はそんな彼を侮辱しちゃったんだよ』って言われた」「それで僕は『悪かった!ただケーブル役が決まってないから、言ってみただけなんだ』って言ったよ。そうしたらフォックスの人から電話がかかってきて、1時間くらい怒られたね」
とはいえライフェルドがツイッターで謝罪し、ラッセルの大ファンだと伝えたことで2人の関係は修復されたとみられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.