くらし情報『ジェレミー・アイアンズ、ボンド役の候補に挙がっていたことを告白』

2016年3月31日 17:00

ジェレミー・アイアンズ、ボンド役の候補に挙がっていたことを告白

ジェレミー・アイアンズ、ボンド役の候補に挙がっていたことを告白

ジェレミー・アイアンズ

ジェレミー・アイアンズはかつて「007」シリーズでおなじみのジェームズ・ボンド役の候補に挙がっていたことがあるそうだ。先日公開がスタートした『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でアルフレッド役を演じているジェレミーは、1980年に『フランス軍中尉の女』を撮影していた際、「007」シリーズのプロデューサーをしていたアルバート・R・ブロッコリと当時ボンド役を演じていたロジャー・ムーアの後任として話し合いをしたのだという。しかしハンサムなスパイ役を演じることでその後に回ってくる役どころが偏ってしまうと感じたためにそのチャンスを断ったのだそうだ。
ザ・デイリー・テレグラフ紙とのインタビューでジェレミーは「ジェームズ・ボンドについてミーティングをしたことがあるんだ。『フランス軍中尉の女』を撮影していた時にね。アルバート・ブロッコリが訪れてきてライム・レジスでミーティングをしたんだけど、僕はあまり興味がなかったんだ。間違っていたのかもしれないけど、あんなに象徴的な役を演じてしまうと、そのイメージから抜け出すのが難しくなると思ったんだよ」と当時を振り返っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.