くらし情報『マーゴット・ロビー、アレクサンダー・スカルスガルドを殴る!?』

2016年4月1日 10:00

マーゴット・ロビー、アレクサンダー・スカルスガルドを殴る!?

マーゴット・ロビー、アレクサンダー・スカルスガルドを殴る!?

マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビーは新作『ザ・レジェンド・オブ・ターザン』のベッドシーンの撮影中にアレクサンダー・スカルスガルドを殴ったそうだ。
同作品のメガホンを取るデヴィッド・イェーツ監督は、この作品を古風なロマンス映画にしたくないと考えていたため、マーゴット演じるターザンの恋人ジェーンを受け身で守ってもらうことが必要な女性ではなく「強く自立した女性」として描きたかったのだという。アレクサンダーはこのことについて「僕らはタフな男がかわいそうな女の子を守るような古臭いロマンスにしたくなかったから、これはとても重要だったんだ」「だからジェーン役は強くて自立した女性でなければならなかったんだけど、マーゴットをこの役にキャスティングしたことによってそれが確実になったわけさ」と話す。
さらにイェーツ監督もエンターテイメント・ウィークリー誌のインタビューに「ラブシーンの撮影の時に僕はマーゴットに『ラブシーンのところでアレックスを叩いてよ。どちらかといえば殴るという感じで』と伝えたんだ」「アレックスとのセックスを楽しんでいるときの荒々しくて官能的な瞬間といった感じだったね。すべての撮影の中でアレックスがあざを作ることになったのはおそらくマーゴットから殴られたときだけだったと思うよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.