くらし情報『リトル・ミックス、第3弾アルバム『ゲット・ウィアード』が嫌いだった!?』

2016年4月3日 10:00

リトル・ミックス、第3弾アルバム『ゲット・ウィアード』が嫌いだった!?

リトル・ミックス、第3弾アルバム『ゲット・ウィアード』が嫌いだった!?

リトル・ミックス

リトル・ミックスのメンバーはサードアルバム『ゲット・ウィアード』レデコーディングの際、あまりの辛さに泣いていたという。5月にジャパンツアーも予定されている同グループだが、ジェシー・ネルソン、ペリー・エドワーズ、レイ・アン・ピノック、ジェイド・サールウォールらメンバーは、自身らにとって第3弾となった最新アルバムで音楽がマンネリ化してきていると感じていたことから不満を覚えていたのだそうだ。ジェシーはコスモポリタン誌最新号のインタビューで「私たちはマンネリ化していたの。あのアルバムはイマイチだったわ。スタジオにこもって作曲するのに1年間かかったの。辛かったわ。私たちはかなり泣いていたわね。どん底に陥っていたの」と話す。
ジェシーはまた、ある曲の中で納得するまでに7バージョンものコーラスをやる羽目になった際にはメンバー内で一番前向きなレイ・アンでさえもうんざりしていたと明かしている。「7つの違ったコーラスを書いた曲があったんだけど、それでも納得いかなかったの。レイ・アンはグループの中で一番前向きなんだけど、そんな彼女でさえ落ち込んでいたわ」
そんな不満を語っているものの、その努力は報われたようで、昨年11月に発売された『ゲット・ウィアードは全英チャート第2位を記録し、全世界で60万以上のセールスを誇る大ヒットアルバムとなっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.