くらし情報『アンソニー・マッキー、ジョニー・コクラン弁護士役へ』

2016年5月5日 17:00

アンソニー・マッキー、ジョニー・コクラン弁護士役へ

アンソニー・マッキー、ジョニー・コクラン弁護士役へ

アンソニー・マッキー

アンソニー・マッキーが警察の暴力による裁判をテーマにした新作映画の中で英雄として称えられている故ジョニー・コクラン弁護士を演じることになった。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で再びファルコン役を演じているアンソニーは、タイトル未定のこの新作でプロデューサーも務めることになるようだ。デッドラインによると同作品は1981年にコクラン弁護士が勝訴したシグナル・ヒルでの警察暴力裁判について描かれることになるという。
米コメディシリーズ『ルシファー』のデヴィッド・マクミランが脚本を担当する同作品の中では、O・Jシンプソンやマイケル・ジャクソンジム・ブラウンなど有名セレブたちの弁護士を務めたコクランの名を世に知らしめることになった、アフリカ系アメリカ人が警察の暴力の被害者になっていることを主張した「シグナル・ヒル」の裁判に焦点があてられる。
当時、ロサンゼルスのシグナル・ヒルでスピード違反で逮捕されたアメリカンフットボール選手ロン・セトルズが留置所で首を吊って死亡しているのを発見された事件で、ロンの遺族たちの弁護士を務めたのがコクランだった。警察はロンの死を自殺と主張したが、コクランがロンの遺族に墓から遺体を掘り起こすよう説得し検死を行った結果、ロンの死が絞殺であったことが判明した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.