くらし情報『セリーヌ・ディオン、夫がベッドから転落して他界したことを明かす』

2016年5月25日 18:00

セリーヌ・ディオン、夫がベッドから転落して他界したことを明かす

セリーヌ・ディオン、夫がベッドから転落して他界したことを明かす

セリーヌ・ディオン

セリーヌ・ディオンの夫がベッドから転落したことでこの世を去っていたことが明らかになった。咽喉がんの闘病生活の末、今年1月に73歳で他界したレネ・アンジェリルが死亡時、床に倒れている姿を看護婦によって発見されていたことをセリーヌが明かした。「レネは私の腕の中で安らかに眠りたかったんだけど、あの晩私はステージで歌っていたの。彼は1月13日から14日にかけての夜に息を引き取ったわ。たぶん立ち上がろうとして転んで床に倒れてしまったのね」「普段だったらショーの後、彼に夜の薬を飲ませて、キスをして布団をかけて寝かせるんだけど、あの日は彼を起こしたくなかったからそれをしなかったの。翌日になって看護婦が彼を見つけたのよ。看護婦は動転して私のところに来たわ。それで私も彼の部屋に向かったの」
亡き夫との間に15歳のレネ・チャールズと5歳の双子ネルソンとエディをもうけているセリーヌは、レネが転んだ時に怪我をして苦しんでいたのではないかという可能性に悩まされていたとパリ・マッチ誌に続けており、「お医者様に電話したんだけど、『レネはもう苦しむ必要がないわ。これで良かったのよ』とお医者様をなぐさめるくらいだったわ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.