くらし情報『エド・シーランが盗作で訴えられる、賠償額は21億円超』

2016年6月10日 13:00

エド・シーランが盗作で訴えられる、賠償額は21億円超

エド・シーランが盗作で訴えられる、賠償額は21億円超

エド・シーラン

エド・シーランが2000万ドル(約21億3000万円)を求める訴えを起こされている。マーティン・ハリントン氏とトーマス・レナード氏は、エドの楽曲『フォトグラフ』が、2人が2009年に書き英版『Xファクター』の勝者マット・カードルの名のもとで2009年にリリースした『アメージング』の盗作だと主張しており、ロビン・シックとファレル・ウィリアムスのヒット曲『ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪』の著作権裁判でマーヴィン・ゲイの家族の代理人を勤めたリチャード・ブッシュ弁護士が8日にハリントン氏とレナード氏の訴えをロサンゼルスの連邦裁判所に提出した。
その訴状には「『アメージング』のコーラス部分と、権利を侵害している『フォトグラフ』は39個の共通の音があります。すなわち、ピッチ、リズムの幅、拍子も同様ということになります」「この2つの曲の類似性は、作品の非常に核になる部分です。その類似性は、著作権侵害といえるだけの十分な事実であり、顕著であるといえます。他の要素に加え、詞、歌い方、ボーカルの旋律、曲の旋律、リズムが『フォトグラフ』が『アメージング』を真似していることを明らかに示しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.