くらし情報『キーファー・サザーランド、刑務所の中で失ったのは尊厳』

2016年6月13日 08:00

キーファー・サザーランド、刑務所の中で失ったのは尊厳

キーファー・サザーランド、刑務所の中で失ったのは尊厳

キーファー・サザーランド

俳優で歌手デビューも果しているキーファー・サザーランドは刑務所で尊厳を失っていたそうだ。酒気または薬物の影響下での運転で4回捕まり、2007年12月から48日間服役していたキーファーは、刑務所生活を歌に昇華したカントリーシンガーの故ジョニー・キャッシュのことを尊敬しており、そんなジョニーに敬意を示すために自分の音楽を作っているそうだ。ソロアルバム『ダウン・イン・ア・ホール』をリリースしているキーファーは「ジョニー・キャッシュは長期収容の刑務所の奴らについて(曲を)書いたし、ジョニーはそれをある種の尊厳も含めてやったんだ。いつもそれに対してすごいって思っているんだよ」「長期収容の刑務所には一度も入ったことないよ...本当にバカなことをして短期の刑務所には人生の中で数回入ったことがあるけど、あのドアの先に歩いて行って最初に失うものは、自分の尊厳だよ。そのことで(ジョニーに)本当に感謝しているんだ。ジョニーのその曲に敬意を払うために俺と(シンガーソングライターの)ジュード(コール)は歌を書きたかったんだよ」と話す。
また、キーファーは長年曲を作り続けていたものの、歌手としてのキャリアを始めるには役者として見られるプレッシャーがあり始めるのを躊躇していたが、ある時周りの目は気にしないことにしたのだそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.