くらし情報『ジェシカ・シンプソン、減胸手術を考えていた』

2016年8月6日 14:00

ジェシカ・シンプソン、減胸手術を考えていた

ジェシカ・シンプソン、減胸手術を考えていた

ジェシカ・シンプソン

ジェシカ・シンプソン(36)は減胸手術をすること本気で考えていたことがあるそうだ。自分よりも胸のほうが有名になってしまったことから、真剣に胸を小さくすることを考えたことがあったというジェシカだが、子供2人の育児をする中で自身の胸がセクシーな目で見られる対象だけではないことを実感したことでそのままの胸をキープすることにしたのだという。
ジェシカはウィメンズ・ヘルス誌に「私の胸は目立っているし、存在感があるわ。減胸手術しようと思ったことがあるのよ。メディアからの注目は最悪」「でも子供が出来てからは、自分の姿を見て『私の胸は事実かなり大きい。でも、そのままが好きだわ』って感じになの」と語った。
そして、胸を小さくしなかったことに喜んだ人物は2014年に結婚した元NFL選手の夫エリック・ジョンソンだったそうで、「胸は長所であって、エリックはいまだに大好きよ」と続けた。
さらに、話はラブラブな結婚生活を送る秘訣にもおよび、ジェシカは「美しく、愛のある結婚生活の秘訣は、キスしていちゃいちゃすることだと思うわ!」「キスすることを忘れないで。多くの人にとってしばしばもっと身近なものよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.