くらし情報『アンジェリーナ・ジョリー、『オリエント急行殺人事件』映画版出演を断念』

2016年8月6日 20:00

アンジェリーナ・ジョリー、『オリエント急行殺人事件』映画版出演を断念

アンジェリーナ・ジョリー、『オリエント急行殺人事件』映画版出演を断念

アンジェリーナ・ジョリー

アンジェリーナ・ジョリーが『オリエント急行殺人事件』映画版への出演を断念したようだ。20世紀フォックス製作でケネス・ブラナーがメガホンを取る、1934年発表のアガサ・クリスティ著書『オリエント急行殺人事件』映画版への出演交渉を行っていたアンジェリーナだが、出演を断ることに決めたとバラエティが報じている。
それを受け、シャーリーズ・セロンらに白羽の矢が立っているという。
ちなみに同作品でブラナーは監督だけでなく主人公のエルキュール・ポアロも演じることになる。
『ブレードランナー』続編の脚本を手掛けたマイケル・グリーンが、列車の中で起きた殺人事件を解決する様子を描く同作品の脚本を担当することになっている。
同作品は探偵のポアロが列車の中で起きた殺人事件の犯人を数多くの容疑者の中から探し出すストーリーだ。
以前に報じられていたところによれば、今回の新作は1974年のシドニー・ルメット監督による同名映画作のリメイク版になるようで、前作にはポアロ役のアルバート・フィニーをはじめ、容疑者役にはローレン・バコールイングリッド・バーグマンジャクリーン・ビセット、コリン・ブレイクリー、ショーン・コネリージョン・ギールグッドアンソニー・パーキンスヴァネッサ・レッドグレイヴマイケル・ヨークらが出演しており、イングリッドはアカデミー賞助演女優賞に輝いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.