くらし情報『エルヴィス・プレスリーの愛娘、リハビリ施設に入所』

2016年8月16日 12:00

エルヴィス・プレスリーの愛娘、リハビリ施設に入所

エルヴィス・プレスリーの愛娘、リハビリ施設に入所

リサ・マリー・プレスリー

エルヴィス・プレスリーの愛娘でマイケル・ジャクソンの元妻のリサ・マリー・プレスリー(48)がリハビリ施設に入所した。 鎮静剤中毒の治療を受けるために、リサ・マリーは月40万ドル(約4000万円)といわれるロサンゼルスのヒルズ・トリートメント・センターに入所したとみられている。
関係者の1人はUsウィークリー誌に「リサは大丈夫です。ですが、このことは管理下におくことが必要でした」と話す。
そんなリサ・マリーは以前、10代の頃に薬物とアルコールを常用していたと告白し、いまだに生きていることが信じられないと話していた。
2003年にリサ・マリーは「コカイン、鎮静剤、マリファナ、アルコール(を昔はやってたわ)。全部一緒の時期にね。しらふではいられなかったのよ」「それをどうやって生き延びたのかわからないわ」と明かし、当時その状況を救ってくれたのは新宗教のサイエントロジーだったとしていた。
また、リサ・マリーは最近4度目の離婚に直面していた。10年間結婚生活を送ったマイケル・ロックウッドとの離婚を和解し難い不和を理由に申請したリサ・マリーは、ロックウッドとの間にもうけた7歳の双子の娘の全親権を求めているとみられているが、養育費は求めておらず、ロックウッドと子供たちとの面会も許可するつもりのようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.