くらし情報『ケイトリン・ジェンナーのリアリティ番組が打ち切り』

2016年8月22日 09:00

ケイトリン・ジェンナーのリアリティ番組が打ち切り

ケイトリン・ジェンナーのリアリティ番組が打ち切り

ケイトリン・ジェンナー

ケイトリン・ジェンナー(66)のリアリティ番組『女性になったカーダシアン家のパパ ~アイ・アム・ケイト~』の打ち切りが決定した。女性化したケイトリンの生活を描いた同シリーズがシーズン2を最後に終了することをケイトリン自らがツイッターで発表した。「『アイ・アム・ケイト』の素晴らしい2シーズンを経て、次の冒険へと進む時がきました。E!と私が望める最高の女友達のみんな、ありがとう!」
そして放送局のE!も「弊社はトランスジェンダーの苦難や喜びについて世界的に重要で前代未聞の話題を提供したドキュメンタリーシリーズ『女性になったカーダシアン家のパパ ~アイ・アム・ケイト~』の2シーズンを誇りに思っています」「ケイトリンとE!は話し合った結果、この度もう1シーズンを進めないという決断に至りました。彼女はこれからのE!の一員ですし、『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』での活躍を引き続き楽しみにしています」と声明文を発表している。
同シリーズは本年度のGLAADメディア賞で最優秀リアリティ番組賞を受賞していたが、シーズン2に突入して以来視聴率が下がっていた。
過去にはブルース・ジェンナーとして知られた元オリンピック選手のケイトリンは、元妻クリス・ジェンナーとその元夫ロバート・カーダシアンとの間の娘たちを含めたリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で人気を博した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.