くらし情報『ジェイミー・キング次男、心臓の手術を受けていた』

2016年9月2日 08:00

ジェイミー・キング次男、心臓の手術を受けていた

ジェイミー・キング次男、心臓の手術を受けていた

ジェイミー・キング

ジェイミー・キングの次男が生後5か月の時に心臓の手術を受けていたようだ。『ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』などで知られるジェイミーは、現在1歳になった息子レオ君が先天性の心疾患と診断され、昨年にレオ君を失う可能性に怯える時期を夫カイル・ニューマンとともに過ごしていたことを初めて自身のインスタグラムで明らかにした。
ジェイミーは「みなさん、私の息子は生後20週目のときに大血管転位症 (TGA)と診断されました。そして大きな心臓の手術を受けましたが、両親として、そして家族として、とても恐ろしく、トラウマになるような時間でした。このことについてはごく一部の私たちの親友だけが知っていることです。私は息子を得体の知れない恐怖から守らなければならないと感じましたし、息子が助からないかもしれないと思ってとても怖かったです。私たちはとても孤立した気持ちになって、混乱しました」とその当時の状況をファンに伝えた。
カイルとの間に2歳の息子ジェームズ君も持つジェイミーは、レオ君のゴッドマザーであり親友のテイラー・スウィフトがシーダーズ・サイナイ病院にレオ君の名の元寄付をしたことに刺激を受け、息子の状況を話すことに決めたのだと言う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.