くらし情報『リンジー・ローハンのゲーム『グランド・セフト・オート』に対する訴訟、棄却へ』

2016年9月6日 11:00

リンジー・ローハンのゲーム『グランド・セフト・オート』に対する訴訟、棄却へ

リンジー・ローハンのゲーム『グランド・セフト・オート』に対する訴訟、棄却へ

リンジー・ローハン

リンジー・ローハンのゲーム『グランド・セフト・オート』に対して起こしていた訴訟が棄却されたようだ。以前リンジーはゲーム『グランド・セフト・オートV』に登場するレイシー・ジョナスに対して自身のイメージを許可なく使用されたとしてテイクツー・インタラクティブ社とその子会社ロックスター・ゲームズを訴えていた。この裁判に関する法的手続きは2年間に渡り行われていたのだが、ついにニューヨーク地方裁判所がこのケースを棄却するに至ったのだという。
リンジーの弁護団はロックスター社が「リンジーのビキニ、肩までの長さの髪型、宝石、携帯電話」「特徴的なピースサイン」、さらに「顔の作り、体つき、見た目、髪、帽子、サングラス、ジーンズのショートパンツ、ゆったりした白のトップス」などリンジーに類似したイメージを利用したことに対して2度訴訟を起こしていた。
しかし裁判所はパパラッチから逃げ惑うハリウッドのディーバという設定のこのキャラクターにモデルにリンジーが使われていたとしても名前や肖像、写真などが使われているわけではないとして、棄却の決断を言い渡した。
このゲームはアメリカのテレビ番組、映画、すべてのメディアにおいて通常のパロディに対して適応される米国憲法修正第一項、言論の自由によって守られているとして裁判官は「このビデオゲームのユニークなストーリー、キャラクター達、せりふ、環境、そしてゲームを進めるにあたりプレイヤーが選択できる方法は、フィクションおよび風刺的描写である」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.