くらし情報『コメディ俳優のチェビー・チェイス、リハビリ施設入り』

2016年9月7日 18:00

コメディ俳優のチェビー・チェイス、リハビリ施設入り

コメディ俳優のチェビー・チェイス、リハビリ施設入り

チェビー・チェイス

「ナショナル・ランプーン」シリーズなどで知られるチェビー・チェイス(72)がリハビリ施設入りした。チェビーは飲酒関連の問題を治療するため、2014年にロビン・ウィリアムズを治療したことでも知られるミネソタ州にあるヘイゼルデン・アディクション・トリートメント・センターに入院したという。
チェビーの代理人はTMZに対して、「体調を整えるため」と「最良の状態の自分になるため」同施設に入院したと説明している。
そんなチェビーは『サタデー・ナイト・ライブ』のレギュラーを務めていた1986年にも痛み止め薬の依存症により、ベティ・フォードの薬物関連のリハビリ施設に入院していた。 当時チェビーの代理人は、チェビーが「長い間患っている持病の背中の問題に関連して処方薬に依存するようになった」と説明していた。
チェビーには今後、『ザ・クリスマス・アプレンティス』『ドッグ・イヤーズ』の公開が控えているが、両作品とも製作が完了している段階のため、今回のリハビリ施設入りによる影響はないとみられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.