くらし情報『ラルフ・ローレン、ランウェイショー後即販売に賛同』

2016年9月15日 08:00

ラルフ・ローレン、ランウェイショー後即販売に賛同

ラルフ・ローレン、ランウェイショー後即販売に賛同

ラルフ・ローレン

大御所デザイナーのラルフ・ローレン(76)はファッション業界の伝統的なスケジュールに終わりがきたと感じているようだ。トム・フォード、トミー・ヒルフィガー、バーバリーのクリストファー・ベイリーなどトップデザイナー陣がすでに実施しているように、ラルフも14日(水)にニューヨーク・コレクションのショーを終えた時点で、新作コレクションを即購入可能にするスタイルをとる予定だという。
ラルフはファッション業界は変わりゆくテクノロジーに適応していくことが重要だと考えているようで、「服を披露して、それから6か月後にそれらを届ける...それは終わりだね」「インターネット、ソーシャルメディアと共に、変わらなければならない」と話す。
さらに、ラルフは常に適応して進化していくことにオープンな姿勢を保ってきたことから、自身のビジネスモデルが大きく変化することになっても動じることはないようで、「ビジネスを進化として常に捉えているんだ。そこに留まることは決してないし、誰かを追いかけることも決してしない。すべてが新しい章なんだ」「何も動かないときに、そんなことを経験したことがあるよ。全てが手に入れることができるとき、どうやって特別なことをするんだ?どうやってマジックを創造するっていうんだ?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.