くらし情報『ヘイリー・ボールドウィンのインスタグラム投稿文、盗用と非難される』

2016年9月22日 08:00

ヘイリー・ボールドウィンのインスタグラム投稿文、盗用と非難される

ヘイリー・ボールドウィンのインスタグラム投稿文、盗用と非難される

ヘイリー・ボールドウィン

ヘイリー・ボールドウィン(19)がインスタグラム投稿した文が盗用だと非難されている。ヘイリーは著者メリッサ・モロモの名を明記することなく書籍『セイ・ホワッツ・リアル』の一節を同SNSサイトに投稿したとされている。
その問題の文は、以前ヘイリーの交際相手と噂されたジャスティン・ビーバーが先月元恋人セレーナ・ゴメスとSNS上で争いを繰り広げた後、ヘイリーがジャスティンに向けて批判的に発したものだと捉えられ、ティーン・ヴォーグ誌やUsウィークリー誌などの雑誌などにも掲載されていた。
その文章は「私達は皆、良いことと悪いことどちらにおいても、自らがやったことにおいて平等な責任がある。現在をこんなにもパワフルにしてくれているものは、自らの行動に完全に責任を持って自らを成長をさせること。他の誰かに批判を向けたら、人生の次のステップに行けない。だから、自分をよく見せるために状況をコントロールしようとしないで」という内容であり、現在は削除されている。
ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄が入手した書類によれば、著者のモロモ氏は停止通告書をすでにヘイリー宛に送付しており、ヘイリーがモロモ氏へ謝罪し、作品の盗用を止めない限り、モロモ氏はヘイリーを提訴する権利を有するという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.