くらし情報『ベネディクト・カンバーバッチ、チャリティプログラムをローンチ』

2016年10月8日 19:00

ベネディクト・カンバーバッチ、チャリティプログラムをローンチ

ベネディクト・カンバーバッチ、チャリティプログラムをローンチ

ベネディクト・カンバーバッチ

ベネディクト・カンバーバッチがセーブ・ザ・チルドレンとマーベルによるチャリティ活動をローンチした。マーベル作『ドクター・ストレンジ』で主演を務めるベネディクトは、マーベル・エンターテイメント社のユー・チューブチャンネルに登場し、「マーベル・スタジオ:ヒーロー・アクツ」という名の取り組みを発表した。
この取り組みではマーベル・ユニバースのファン達にお気に入りのマーベルのキャラクターに仮装した姿を写した写真をMarvelStudiosHeroActs.comに投稿することを呼びかけ、同サイトへの投稿1件につき、同社が最高100万ドル(約1億円)を限度として各5ドル(約520円)をセーブ・ザ・チルドレンに寄付する仕組みとなっている。
今回のビデオの中でベネディクトは「もっと僕達が何かを一緒にできるようになる新しいチャリティ活動を今日発表することにワクワクしているよ。『マーベル・スタジオ:ヒーロー・アクト』は世界中の恵まれない子供たちに助けと希望をもたらすことを目的とした世界的な取り組みなんだ」と説明する。
そして自身も妻ソフィー・ハンターとの間に1児を持つ父親であるベディクトは、セーブ・ザ・チルドレンが支援しようとしている子供たちの現状を目にしたそうで、「僕たちは『ドクター・ストレンジ』をネパールなど数カ国で撮影したんだけど、世界にどこに行ってもマーベルのファンがいたんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.