くらし情報『パメラ・アンダーソン、 ディナーデートできる権利をチャリティオークションに出品』

2016年10月19日 09:00

パメラ・アンダーソン、 ディナーデートできる権利をチャリティオークションに出品

パメラ・アンダーソン、 ディナーデートできる権利をチャリティオークションに出品

パメラ・アンダーソン

パメラ・アンダーソンがチャリティ目的で自身とディナーデートできる権利をオンラインオークションに出品している。教育、投資、法律、メディアを通して世界の動物虐待撲滅を目指す団体「ラスト・チャンス・フォー・アニマルズ」への資金集めのためにパメラはロサンゼルスにある完全菜食主義者向けレストラン「プラント・フード&ワイン・レストラン」で一緒にディナーを楽しめる権利を出品しており、その落札額全額は同団体に寄付されることになる。
10月26日までウェブサイトのチャリティバズに出品される予定で、落札予想価格が1万ドル(約100万円)とされているのに対し、本稿を書いている時点では3500ドル(36万円)の値がついているところだ。
出品概要には、このデートは『ベイウォッチ』で知られ、長年の動物愛護運動家であり完全菜食主義者でもあるパメラと一緒にディナーに行く人生で一度の機会と謳われている。
ラスト・チャンス・フォー・アニマルズは、動物虐待のないクルーエルフリーな生活を推奨し、人間以外の権利の尊重を呼びかけており、これまでに犬肉の取引撲滅のキャンペーンをしたり、象の捕獲の中止やサーカスでの動物使用の完全廃止を掲げている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.