くらし情報『ボビー・ヴィーが死去、73歳』

2016年10月26日 19:00

ボビー・ヴィーが死去、73歳

ボビー・ヴィーが死去、73歳

ボビー・ヴィー

歌手のボビー・ヴィーが73歳で死去した。『テイク・グッド・ケア・オブ・マイ・ベイビー』などのヒットソングをこの世に送り出し、ボブ・ディランの音楽のキャリアをスタートさせた人物でもあるボビーが24日(月)、長年のアルツハイマー病闘病生活の末に帰らぬ人となった。ボビーの息子ジェフ・ヴェリンはボビーが家族に見守られながら安らかに息を引き取ったことを発表している。ジェフは辛く長い道のりは終わりを迎えたと話しており、ボビーは世界に喜びをもたらした人物でそれこそが彼の仕事であったと語っている。さらにボビーの音楽への情熱について「父が音楽へ情熱を失ったことはありませんでした。もう演奏はできない体になって、歌も歌うことができなくなっても、鼻歌を歌っていましたよ。音楽は最後まで力強く彼の中に残っていました」と話した。
ボビーは2011年にアルツハイマー病の発症とともに引退しており、最期の数週間はホスピスでケアを受けていたという。
1943年にノース・ダコタ州で生まれたボビーが自身の所属していたバンドであるザ・シャドウズとして1959年にミネソタ州のムーアヘッドで大舞台に立ったのは若干15歳のときであった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.