くらし情報『ジェラルド・バトラー、再びマイク・バニング捜査官役に!』

2016年10月28日 17:00

ジェラルド・バトラー、再びマイク・バニング捜査官役に!

ジェラルド・バトラー、再びマイク・バニング捜査官役に!

ジェラルド・バトラー

ジェラルド・バトラーが再びマイク・バニング捜査官役で新作『エンジェル・ハズ・フォールン』に出演することが決定した。2013年作『エンド・オブ・ホワイトハウス』、2016年作『エンド・オブ・キングダム』に登場してきたジェラルドはシリーズ第3弾となる『エンジェル・ハズ・フォールン』に再び戻ってくるようだ。
第3弾の監督はまだ決まっていないようだが、第1弾は『マグニフィセント・セブン』のアントワーン・フークアがメガホンを取り1億6000万ドル(約168億円)、ババク・ナジャフィ監督作の第2弾は1億9500万ドル(約204億円)の興行収入を記録している。
ジェラルドはアラン・シーゲル、マーク・ギル、ジョン・トンプソン、マット・オトゥールらとプロデュースにも携わることがわかっており、第3弾もこれまでファンたちを楽しませてきたストーリーラインと似た、バニング捜査官が敵たちと戦いを繰り広げるものになるという。
タイトルについている「エンジェル」とは米大統領が登場する際に使われるアメリカ空軍の飛行機のことで、それを中心にワシントンDCでバトルが展開すると見られている。
これまでのシリーズの脚本を担当してきたクレイトン・ローテンベルガーとカトリン・ベネディクトが再び第3弾の脚本を書き上げることになっており、期待高まる同作品の撮影は2017年初頭からスタートするようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.