くらし情報『サム・メンデス監督、『007 スペクター』脚本家と舞台で再タッグ!』

2016年11月3日 19:00

サム・メンデス監督、『007 スペクター』脚本家と舞台で再タッグ!

サム・メンデス監督、『007 スペクター』脚本家と舞台で再タッグ!

サム・メンデス

サム・メンデス監督が『007 スペクター』の脚本家を務めたジェズ・バターワースと今度は舞台でタッグを組むことになったようだ。メンデス監督にとって「007」シリーズ第2作目となった作品でバターワースはニール・パルヴィス、ロバート・ウェイド、ジョン・ローガンと共に脚本を担当していたが、今回はメンデス監督が演出を行う舞台『ザ・フェリーマン』の脚本を手がけることになる。
北アイルランドの田舎町ロンドンデリーを舞台に「北アイルランド問題」として知られるアイルランドの民族運動の中で1981年に起きた10人の受刑者たちが刑務所の中でハンガーストライキを行ったストーリーを描くようだ。
同作品についてバターワースはロンドン・イブニング・スタンダード紙に「いつまでもすたれることのない過去を現在に呼び起こした、家族の物語を描く舞台作品です。ハンガーストライキが行われていたときが舞台ですが、町中で起きていたハンガーストライキではなく、穀物を生産することが主な農場を舞台になっています。ロンドンという首都との土地、もしくは小さなアイルランドの土地を大切にするか、さらに軍人、農夫どちらになるかという概念に注目していくストーリーです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.