くらし情報『スティング、パリのバタクラン劇場再開初日にパフォーマンスへ』

2016年11月8日 14:00

スティング、パリのバタクラン劇場再開初日にパフォーマンスへ

スティング、パリのバタクラン劇場再開初日にパフォーマンスへ

スティング

パリ同時多発テロの標的の1つとなったパリのバタクラン劇場が今月12日に1年ぶりに営業を再開することになり、同日スティングがオープニングパフォーマンスを行うことが分かった。
昨年同劇場でイーグルス・オブ・デス・メタルが公演していた際、イスラム過激派が銃撃を行い、89人の死者が出ていた。それからちょうど1年が経つ11月13日の前日に同劇場は再開することになる。
スティングの公式ウェブサイトには「バタクラン劇場の再開において、2つの大事なことがあります。1つ目は1年前のテロで命を失った人々を思い出し敬意を表すこと。2つ目はこの歴史ある劇場が象徴する生活と音楽を祝福することです。そうすることで、犠牲者の記憶と精神に敬意を払うことができればと願います。彼らのことを忘れてはなりません」とパフォーマンスに向けての思いが説明されている。
チケットは8日(火)から販売となり、全収益が犠牲者やその家族たちを支援する「ライフ・フォー・パリス」と「13onze15: Fraternité Verité」に寄付されることになる。
今月16日、17日には、ザ・リバティーンズのフロントマン、ピート・ドハーティが同劇場でパフォーマンスを行うことになっているほか、他にもユッスー・ンドゥール、マリアンヌ・フェイスフル、ローラン・ガルニエ、ヤエル・ナイムらも今月公演を行う予定だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.