くらし情報『新作映画『マリアンヌ』のラブシーン、マリオン・コティヤール用の衣装8枚用意』

2016年11月25日 09:00

新作映画『マリアンヌ』のラブシーン、マリオン・コティヤール用の衣装8枚用意

新作映画『マリアンヌ』のラブシーン、マリオン・コティヤール用の衣装8枚用意

マリオン・コティヤール

新作映画『マリアンヌ』のあるラブシーンのために、マリオン・コティヤール用の同じドレスが8枚も用意されていたようだ。
本作で衣装デザイナーを担当したジョアンナ・ジョンストンがMarieClaire.comのインタビューに応じ、マリオンとブラッド・ピットのラブシーンの衣装はシンプルであることが重要で、たびたび衣装が破れることがあったため、同じ衣装を何枚も用意する必要があったと明かした。
「(セックスシーンでは)彼らの衣装をかなりシンプルにしておきたかったのです。実際2人とも薄い色を身につけました」「衣装で邪魔はしたくなかったのです」「マリオンの衣装は、美しい糸抜き細工がほどこされたドレス、その下には薄いピーチ色のシルクサテン地の下着でした。これはまずその演技が第一に念頭にあったデザインですね」「多くの衣装において数が用意されていました。あのグリーンのロングドレスは8枚も作りました」「みなさんが想像するよりもたくさんの衣装が用意されていて、あの砂嵐のシーンもそうでしたよ。白い衣装を着ていたので、たくさん用意しなければなりませんでしたね!」
さらに、ジョアンナは第二次世界大戦を舞台とした本作の衣装にそれぞれ思い入れがあるようで、「何かを作るたびに、その作品にちょっと心を奪われるものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.