くらし情報『マライア・キャリー、年越しイベントの失態は自分の責任?』

2017年1月6日 14:00

マライア・キャリー、年越しイベントの失態は自分の責任?

マライア・キャリー、年越しイベントの失態は自分の責任?

マライア・キャリー

マライア・キャリーの年越しイベントでのアクシデントは事前のサウンドチェックに参加しなかったことが原因だったと報じられている。大晦日にニューヨークのタイムズスクエアで行われた「ディック・クラークズ・ロッキン・ニュー・イヤーズ・イブ・ウィズ・ライアン・シークレスト」に出演したマライアは、数々の音響機材のトラブルに見舞われてステージを去るに至っていたが、ニューヨーク・ポスト紙はその原因が重要なサウンドチェックにアシスタントを代わりに送り込んでいたマライアにあると報じている。
ある関係者は「あれはマライアの失敗です。彼女のアシスタントがサウンドチェックにやってきて、本人は参加しなかったんです。彼女のダンサーも全員揃っていました。ステージにいたみんながあの曲を聴いていたんです。イヤホンなしでもステージには8個のスピーカーが合ったんですから。音響スタッフのせいではありませんよ」と語る。
別の関係者はマライアがサウンドチェックには姿を現したものの、「4秒以内」で立ち去ったとしている。「サウンドチェックは20分ほどのものでした。代役がマイクの通常チェックを全て行いました。マライアはステージ脇にいましたが、もう終わる頃でいても4秒ほどでしたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.