くらし情報『アカデミー賞ノミネートが発表、『ラ・ラ・ランド』が最多』

2017年1月25日 08:00

アカデミー賞ノミネートが発表、『ラ・ラ・ランド』が最多

アカデミー賞ノミネートが発表、『ラ・ラ・ランド』が最多

ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』が第89回アカデミー賞で14の最多ノミネートを受けた。この14というノミネート数は1997年の『タイタニック』と並んでアカデミー賞史上最多となる。
『ラ・ラ・ランド』は作品賞をはじめ、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンがそれぞれ主演男優・女優賞の候補に挙がっているほか、デイミアン・チャゼルの監督賞のほか、脚本賞、撮影賞、録音賞、音響編集賞、衣装デザイン賞などにノミネートされており、その中でも主題歌賞に向けては『オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)』と『シティ・オブ・スターズ』の2曲が候補に挙がっている。
最高賞となる作品賞にはほかに、『メッセージ』『フェンス』『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『ムーンライト』がノミネートされた。
『ムーンライト』はナオミ・ハリスの助演女優賞やマハーシャラ・アリの助演男優賞など、ほかにも7部門で候補に挙がっている。
マハーシャラは助演男優賞の栄光を『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』のデーヴ・パテールらと争うことになる一方で、ナオミは同じく『LION/ライオン』のニコール・キッドマン、『フェンス』のヴィオラ・デイヴィスらと熾烈な戦いを繰り広げる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.