くらし情報『パリス・ジャクソン、父マイケルの死は殺人だったと発言』

2017年1月26日 22:00

パリス・ジャクソン、父マイケルの死は殺人だったと発言

パリス・ジャクソン、父マイケルの死は殺人だったと発言

パリス・ジャクソン

パリス・ジャクソン(18)は父マイケルが殺害されたと考えているという。マイケルが2009年6月にプロポフォールの過剰摂取によりこの世を去るまで兄プリンス(19)と弟ブランケット(14)と共に父の元で育ったパリスが、ローリングストーン誌新刊のインタビューの中で父の死は事故ではなかったと語っている。
死因となった麻酔薬を処方していた当時の主治医コンラッド・マレーが2011年に過失致死の罪で有罪となっているが、パリスは父の死が「仕組まれたもの」だと常に考えており、人々が父の死を望んでいたことは明らかだったと話している。「それは明らかよ。全てのことがそう示しているもの。ただの陰謀説で嘘みたいに聞こえるけど、本当のファンたちと家族のみんなは知っているわ。あれは仕組まれたものだったの。でたらめだらけだったわ」
パリスは父の仇を討ち、正当な裁きを求めるつもりであるとしながらも、具体的に何を計画しているかについては明かさなかった。
そしてパリスは過去にマイケルが誰かに殺されると怯えていたこともあると明かしている。「父が『いつかあいつらに殺される』って言っていた時があったわ」
一方でコンラッド元医師は最近出版した著作『ディス・イズ・イット!ザ・ジークレット・ライヴス・オブ・ドクター・コンラッド・マレー・アンド・マイケル・ジャクソン』の中で、マイケルの子供たちが自分のことを嫌うよう「洗脳」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.