くらし情報『ブライアン・クランストン、ロンドンの舞台デビューへ』

2017年1月28日 17:00

ブライアン・クランストン、ロンドンの舞台デビューへ

ブライアン・クランストン、ロンドンの舞台デビューへ

ブレイキング・バッド

『ブレイキング・バッド』などでおなじみのブライアン・クランストンが『ネットワーク』でロンドンの舞台デビューを果たすことになった。ブライアンは11月から同市のナショナル・シアター内にあるリッテルトン・シアターで予定されている1976年公開の同名映画の舞台化となる同作で、映画内でピーター・フィンチが演じてアカデミー賞受賞に至ったうつ状態のニュースキャスター、ハワード・ビール役を演じることになるという。
ナショナル・シアターの監督であるルーファス・ノリスはブライアンに打診したのが約1年半ほど前だと冗談交じりに明かしているが、実際のところブライアンはずいぶん前に脚本を読んでいたというものの、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』などの映画作やトニー賞受賞のブロードウェイ作品『オール・ザ・ウェイ』などで多忙を極めていたため、話が進まなかったのだという。ノリスはデイリー・メール紙に「ブライアンがロンドンに引っ越してくる必要があったので、時間がかかったんです」「話はずっと浮き沈みしていて、彼の数えきれないほど仕事に合わせて実現できるように努力していたんですよ。ついに来てくれることになって感激しています」と話した。
『ネットワーク』の前売り券はこの夏にも発売開始予定だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.