くらし情報『元ブラック・サバスのジェフ・ニコルズが死去、68歳』

2017年1月31日 15:00

元ブラック・サバスのジェフ・ニコルズが死去、68歳

元ブラック・サバスのジェフ・ニコルズが死去、68歳

ジェフ・ニコルズ

ブラック・サバスの元キーボードリスト、ジェフ・ニコルズが28日(土)、肺がんとの闘病の末に死去した。68歳だった。
バンドメンバーのトニー・アイオミがフェイスブックで「最高に好きで最も親しい友の1人、ジェフ・ニコルズの訃報を聞いて悲しみにくれています。彼は長い間肺がんを患っており、今朝その闘いに破れました」「ジェフと自分はいつも親しく、ジェフは約40年に渡ってずっと自分を支えてくれた真の友人です。心から寂しくなるでしょうし、また会うときまで彼は自分の心の中に生き続けます。大切な友人よ、安らかに。トニー」と綴っている。
さらに、フロントマンのオジー・オズボーンツイッターで「ジェフ・ニコルズは長いこと俺の最高の友人だった。寂しくなることだろう。この報せは本当につらい」とし、ベースのギーザー・バトラーはフェイスブックで「昔からの友人でサバスのキーボードプレイヤーの死を聞いて本当に悲しい」と投稿している。
ジェフは1976年にブラック・サバスに加入し、1980年作『ヘヴン&ヘル』で一番最初に登場し、1996年には脱退している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.