くらし情報『ヴィオラ・デイヴィス、新作映画でジュリア・ロバーツと共演』

2017年2月2日 20:00

ヴィオラ・デイヴィス、新作映画でジュリア・ロバーツと共演

ヴィオラ・デイヴィス、新作映画でジュリア・ロバーツと共演

ヴィオラ・デイヴィス

ヴィオラ・デイヴィスが新作映画『スモール・グレイト・シングス』でジュリア・ロバーツと共演する。先週行われた映画俳優組合賞(SAG)で助演女優賞を獲得したヴィオラが、ジョディ・ピコーの小説『スモール・グレイト・シングス』を基にした新作映画でジュリアと共演することが決定した。
ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー書籍の1つにも選ばれた2016年発刊の同小説は、現代のアメリカにおける人種間関係を描いた作品だ。コネチカット州の病院で助産師として20年の経験を持つルース・ジェファーソンは、ある白人至上主義者のカップルの赤ちゃんの健康診断に携わらないように言い渡される。しかし、そのカップルの赤ちゃんが心肺停止状態になってしまったとき、その場には関わりを禁じられたルースしかおらず、どうするべきなのかルースはジレンマに陥り、後にはこの事態に関わった全ての人達に深刻な影響を及ぼし、裁判へと発展するというストーリーだ。
現在同作品の製作はまだ初期段階にあり、監督や脚本家は決まっていない状態だが、『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーを務めたマーク・プラットが自身の製作会社マーク・プラット・プロダクションズとアンブリン・パートナーズを通じて計画を進行しているところだという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.