くらし情報『デビッド・ベッカム、ハッカーの要求額を支払わずメール流出』

2017年2月7日 09:00

デビッド・ベッカム、ハッカーの要求額を支払わずメール流出

デビッド・ベッカム、ハッカーの要求額を支払わずメール流出

デビッド・ベッカム

デビッド・ベッカムがハッカーからの要求額を支払わなかったことで、Eメールを流出されていたようだ。ベッカムがPRマネージャーのサイモン・オリヴェイラ氏に送ったEメールが流出したと報じられていたが、ザ・ミラー紙によれば、犯罪集団がオリヴェイラ氏の所属するドワイヤン・グローバル傘下であるポルトガルにあるドワイヤン・スポーツのサーバーをハッキングした後、メールを返還する代わりに100万ユーロ(約1億2000万円)を同社側に要求していたようだ。
関係者の1人は同紙に「彼らは、すべての情報を持っていて、全額払えと言ってきました。完全に脅迫でした」「捜査がずっと裏で続けられてきており、いくつかの重要な企業も関わっています」「標的はベッカムではなかったのです。これは明らかに他の情報を発見するために行われたことであって、ベッカムは十字砲火を受けたかたちです」と語る。
その要求額の支払いが拒否されたことでハッカーたちは、入手した情報をウェブサイトのフットボール・リークスに渡したとみられている。フットボール・リークスはワイヤン・スポーツに対する脅迫を否定している。
流出したメールよれば、ベッカムはユニセフのイベントに100万ドル(約1億1000万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.