くらし情報『ジャレッド・レト、映画作の監督に初挑戦』

2017年2月17日 18:00

ジャレッド・レト、映画作の監督に初挑戦

ジャレッド・レト、映画作の監督に初挑戦

ジャレッド・レト

ジャレッド・レト(45)が警察を描いたスリラー作『77』で監督を務めるようだ。これまで2012年のトロント国際映画祭受賞作のドキュメンタリー作『アーティファクト』やミュージックビデオ、CMなどの監督はバーソロミュー・カビンズのニックネームで何度も務めてきたジャレッドが、今回フィクション映画に挑戦するという。
パラマウント・ピクチャーズが贈るこの新作は、ジェイムズ・エルロイ著作『L.A.コンフィデンシャル』を原作に『ナルコス』や『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』を執筆したデヴィッド・マシューズが脚本を手掛けているとデッドラインは報じている。
ジャレッド自らもこのニュースを取り上げた記事にリンクを付けて、これが事実であることをツイッターで認めている。
この新作は政治圧力が強い1974年のロサンゼルスを舞台に、同僚の殺人事件に取り掛かりながらも誘拐された令嬢パティ・ハーストを救出しようとする2人の警察官を中心に繰り広げられる。
ジャレッドは監督だけでなく、ディック・ウルフとウルフ・フィルムズのトニー・ガンツと共にプロデューサーも兼任するようで、製作総指揮にはジャレッドとパラドックスを経営するエマ・ルドブルックが就任している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.