くらし情報『カークとマイケル・ダグラス親子、演技を通して絆育む』

2017年2月20日 10:00

カークとマイケル・ダグラス親子、演技を通して絆育む

カークとマイケル・ダグラス親子、演技を通して絆育む

カーク・ダグラス

カーク・ダグラス(100)とマイケル・ダグラス(72)は演技を通して絆を育んだそうだ。マイケルが7歳だった1951年、カークとマイケルの母で女優のダイアナが離婚したことで、父子の関係は一旦壊れていたが、父子が共通で持っていた演技への情熱のおかげでその後関係は修復されたのだという。
ハリウッドの黄金時代を駆け抜け、俳優、プロデューサー、監督、脚本家として活躍したカークが、『ウォール街』でアカデミー賞の最優秀男優賞の受賞歴があるほど華々しい俳優のキャリアを築いた息子マイケルとの関係についてガーディアン紙の取材で語った。「マイケルは私が彼の母親と離婚した後、私のことをあまり好きではなかったんだ。マイケルが演技を始めたときに初めて距離が縮まったんだ」
カークとダイアナはマイケルのほかにも米映画プロデューサーのジョエル(70)をもうけている。
マイケルは1969年、CBS 局のテレビ番組『プレイハウス』の特番『ザ・エクスペリメント』に出演し、その後マイナーな映画に出演し続け、ついに1984年のアドベンチャー映画『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』で大ブレークする。
その後も順調に俳優のキャリアを築いているマイケルに対し、競争心はあるかと質問されると、カークは「ないね!尊敬だけさ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.