くらし情報『実写版『美女と野獣』にディズニー初のゲイキャラが登場!』

2017年3月4日 19:00

実写版『美女と野獣』にディズニー初のゲイキャラが登場!

実写版『美女と野獣』にディズニー初のゲイキャラが登場!

ダン・スティーヴンス、エマ・ワトソン

実写版『美女と野獣』にディズニー史上初のゲイ男性のキャラクターが登場することが明らかになった。1991年公開のアニメ映画の実写リメイク版となる同作品に登場する、ルーク・エヴァンス演じるガストンの右腕、ジョッシュ・ギャッド演じるル・フウが、ディズニーにとって初めてのLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダー、クィア)キャラクターであることが分かった。
ビル・コンドン監督はアティチュード誌4月号のインタビューの中で「ル・フウはいつかガストンのようになりたいと思いながらも、その一方でガストンにキスをしたいと思っているんだ。自分が一体何がしたいのか困惑しているんだよ。彼はそんな自分の気持ちに気がついているんだ。ジョッシュはそんなキャラクターを絶妙に演じてくれているよ。最後には決着することになるけど、今ここでは言わないよ。とても良いシーンで、ディズニー映画にとって初のゲイ・モーメントさ」と語る。
このニュースが発表されたあと1日(水)、ジョッシュはツイッターでこれが事実なのかどうかファンに尋ねられると一言「これをとても誇りに思うよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.