くらし情報『ビル・パクストン、死因が脳卒中であったことが判明』

2017年3月8日 10:00

ビル・パクストン、死因が脳卒中であったことが判明

ビル・パクストン、死因が脳卒中であったことが判明

ビル・パクストン

ビル・パクストンは心臓の手術の後に合併症を患い、最終的に脳卒中で亡くなっていたことが明らかになった。先月25日に61歳で帰らぬ人となったビルは、弁置換と大動脈瘤修正の手術を受けた11日後に脳卒中を起こしたという。
TMZ.comが入手したビルの死亡証明書によると、2月11日に手術を受けたビルはその後脳卒中に見舞われ、25日に死亡したと記載されているという。
ビルには妻ルイーズ・ニューブリーとの間に2人の子供たちジェームズとリディアがおり、先日、声明文を通じて家族はビルの死をファンに報告していた。「手術の合併症によってビル・パクストンがこの世を去ったことを悲しみとともにお知らせいたします」「愛すべき夫であり父親であったビルは映画の美術部門でそのキャリアをスタートさせ、その後俳優や映画監督として40年間に渡る輝かしいキャリアを築いてきました」「ビルの芸術に対する情熱は多くの人達に感動を与え、彼の優しさととどまることを知らない力は素晴らしいものでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.