くらし情報『ロマン・ポランスキー監督に渡米の可能性?』

2017年3月14日 20:00

ロマン・ポランスキー監督に渡米の可能性?

ロマン・ポランスキー監督に渡米の可能性?

ロマン・ポランスキー

ロマン・ポランスキー監督が渡米する可能性が出てきた。『戦場のピアニスト』『チャイナタウン』『ローズマリーの赤ちゃん』などで知られるポランスキー監督は、1977年3月11日にジャック・ニコルソンの自宅にて当時13歳だった子役モデルのサマンサ・ゲイリーを強姦したとして逮捕され、未成年との非合法的な性交渉で有罪を主張し、司法取引によって精神鑑定を受けていた42日間を拘留期間として認められていた。
しかしその後裁判官がこの司法取引を取り消し、実刑判決を下されることになると耳にしたポランスキーは1978年にフランスへ亡命し、その後一度もアメリカには渡っていない。
ポランスキーは母国であるポーランドにも暮らしており、アメリカ司法当局はポーランドに対しポランスキーの身柄を引き渡すよう長年に渡って要求してきた。
ここにきてポランスキーの弁護士ハーランド・ブラウン氏は、ポランスキーに懲役刑を課さないことを前提に、逃亡中という身柄の解決に向けて交渉に応じる旨を綴った書類を裁判所に提出したのだという。TMZによると、ブラウン氏はポランスキーが50日以下の拘留期間を裁判官から命じられていたのに対し、アメリカでの拘留期間とスイスでの自宅監禁期間を合わせればおよそ400日間もの刑期を満たしたと主張しているようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.