くらし情報『ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ』

2015年12月2日 19:15

ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

目次

・レシピのポイント3つ
・素材を究極においしくする「すき焼き」レシピ
・下準備:割り下の作り方
・究極のすき焼きレシピ
ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ


おうちの料理でちょっとした贅沢気分を味わえるものといえば、寒い季節に恋しくなる「すき焼き」です。

ただ、ふだんお肉が固くなってしまったり、ねぎが生煮えだったりと、なんだかいまひとつなときがあります。そこで、自分でもお店の味が楽しめる、お肉料理のプロが教える究極の「すき焼きレシピ」を食メディア「FOODIE」より紹介します。

レシピのポイント3つ

プロのすき焼きレシピのポイントは割り下の比率、割り下を作るタイミング、野菜の下処理の3つだそうです。

割り下の黄金比率を知っていれば、市販のものでなくても自宅でプロの味が再現できます。

酒100cc:みりん100cc:醤油100cc:ざらめ30g

「FOODIE」より引用

上記は、2人か3人分、この比率で考えるならば、4、5人の場合はお酒が200cc、みりん200cc、ざらめ60gと比率を守ってバランスのよい味の割り下を作ります。砂糖でもOKですが、ざらめを使うと味わいにコクが出るそうです。

すき焼きは手際のよさが命の料理なので、割り下は最初に作っておきましょう。加えて、火が通りにくい玉ねぎや、焼くと味わいが変わる長ねぎにも下処理をします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.