くらし情報『旅するごとに新しい刺激。アート目線で巡るシンガポール』

2016年4月19日 22:45

旅するごとに新しい刺激。アート目線で巡るシンガポール

目次

・シンガポールの新たなランドマークが完成
・「アリスの不思議な国」に迷い込んだようなレストラン
・プレミアムな快適さをリーズナブルな価格で
旅するごとに新しい刺激。アート目線で巡るシンガポール


国際色豊かな食べ物から最新アミューズメントまで、旅の楽しみがギュッと凝縮されたシンガポール。現地でいま話題なのが、アジア最大級の美術館「National Gallery Singapore(ナショナル・ギャラリー・シンガポール)」です。

シンガポールの新たなランドマークが完成

シンガポール ナショナル・ギャラリー

シンガポール ナショナル・ギャラリー

「National Gallery Singapore(ナショナル・ギャラリー・シンガポール)」の総面積は約64,000平方メートル。かつては政府の建物と最高裁判所だったという歴史的建造物を約4年の歳月をかけて美術館として改装しました。

館内はシンガポールをはじめとする東南アジアの近現代アートを中心に、絵画、彫刻、写真など、さまざまな作品を展示しています。1日ですべて鑑賞するのは難しいほど広大なので、テーマを決めて回るのがおすすめです。

ナショナルキッチン・バイ・ヴァイオレット・オン・シンガポール

そしてこの美術館でのもうひとつの楽しみが、シンガポールを代表する人気レストランの数々。プラナカン文化のひとつ、ニョニャ料理の研究家であるヴァイオレット・ウーン氏が手掛ける「National Kitchen By Violet Oon Singapore(ナショナルキッチン・バイ・ヴァイオレット・ウーン・シンガポール)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.