くらし情報『「私はプラスサイズじゃない」エイミー・シューマーが女性誌に怒り』

2016年4月19日 17:45

「私はプラスサイズじゃない」エイミー・シューマーが女性誌に怒り

目次

・太めの人をプラスサイズとして扱うメディアに警鐘
・プラスサイズ=普通ではない?
「私はプラスサイズじゃない」エイミー・シューマーが女性誌に怒り


「私はプラスサイズじゃない」。ぽっちゃり女性の代表的存在ともいえるエイミー・シューマーがある雑誌に対して怒りを表明。プラスサイズという表現は適切か、という議論がアメリカで起こっています。

太めの人をプラスサイズとして扱うメディアに警鐘

ことの発端は、『GLAMOUR』誌の「影響力のある女性たち」に、エイミーやシンガーのアデル、女優メリッサ・マッカートニーのいわゆる太めの女性が選ばれていたこと。

雑誌を見たエイミーが、

アメリカでプラスサイズはサイズ16(日本の19号)以上のこと。私は8か10(日本の11号から13号)くらい......若い女の子たちは、私のような体型をプラスサイズだと思ってるの?

「TIME」より翻訳引用

とインスタグラムに投稿。7千以上のコメントがつき『TIME』誌までもが取りあげる事態になりました。

最近マスメディアでは太めの人=プラスサイズとして、ひと括りに扱っているような気も。これまで体型の多様性にポジティブなメッセージを発信してきた彼女が怒るのも理解できます。

しかし、「プラスサイズ」の問題点はそれだけではありません。

プラスサイズ=普通ではない?

エイミーと同じく「影響力のある女性たち」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.