くらし情報『魔性の美男子にうっとり。ヴィスコンティの名作が現代によみがえる』

2016年5月12日 22:45

魔性の美男子にうっとり。ヴィスコンティの名作が現代によみがえる

目次

・ヴィスコンティの代表作が蘇る
・ヴィスコンティ監督の最高傑作のひとつ『山猫』
・美しき王の孤独と狂気を描いた『ルートヴィヒ』
・ヴィスコンティに見出された美男子たち
魔性の美男子にうっとり。ヴィスコンティの名作が現代によみがえる


イタリア映画黄金時代を築き上げた監督といえばフェデリコ・フェリーニ、ミケランジェロ・アントニオーニなどがあげられます。

しかし、忘れてはいけないのが、巨匠ルキノ・ヴィスコンティです。

ヴィスコンティの代表作が蘇る

20160511_visconti_2.jpg


『夏の嵐』『若者のすべて』『地獄に堕ちた勇者ども』『ベニスに死す』などの名作を生みだしたヴィスコンティの生誕110年・没後40年を記念して、5月14日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開になるのが、「ヴィスコンティと美しき男たち~アラン・ドロンとヘルムート・バーガー~」です。

今回は、現代最高の技術でよみがえった2作品が上映になります。

ヴィスコンティ監督の最高傑作のひとつ『山猫』

まずは、ヴィスコンティ作品のなかでもとくに人気を誇る『山猫』です。あるシチリア貴族の栄華と終焉を圧倒的なスケールで描いた作品で、主演はアラン・ドロン。第16回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞しました。

今回は、マーティン・スコセッシ設立のザ・フィルム・ファンデーションとグッチの資金提供で、退色と損傷の激しかったフィルムが修復され、4k修復版として劇場初公開となります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.