くらし情報『まるで星空。部屋を幻想的にするランプシェード』

2016年5月27日 19:45

まるで星空。部屋を幻想的にするランプシェード

目次

・緻密な彫刻のオブジェ
・いつもの部屋が生まれ変わる
まるで星空。部屋を幻想的にするランプシェード


星好きでなくても、満天の星空を見あげれば、感嘆のため息がもれるものです。光には、なにか特別な、心の隅に届く力があるのかもしれません。

「Calabarte」のランプシェードを見たときも、同じようなことを思いました。

緻密な彫刻のオブジェ

20160527_calabarte_1.jpg


「Calabarte」のランプシェードは、ポーランド人アーティストPrzemek Krawczyński(プシェメック・クラフチェンスキ)氏の手によるものです。

もともと建築家だったプシェメックが、セネガルで見つけたウリ科の植物カラバッシュに彫刻を施したことから生まれました。

20160527_calabarte_3.jpg


20160527_calabarte_2.jpg


ひとつひとつ手作りで、同じものは2つとないこれらのランプシェードは、部屋の片隅に置くだけでもオブジェとして通用する緻密な細工物です。

けれども、この「オブジェ」、明かりをつければ、さらに大きな驚きをもたらしてくれます。

20160527_calabarte_4.jpg


部屋いっぱいに光の文様があふれかえる様子は、部屋に天の川が流れこめば、かくやあらんという幻想的なもの。

いつもの部屋が生まれ変わる

20160527_calabarte_5.jpg


光は一種の魔法だ。実体をもたないのに、見ることができるのだから。光は、私たちの生きる物質世界と、その世界を見る私たちの視点を、千通りにも変えることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.