くらし情報『#9 伝統医療が生きるタイハーブの殿堂、アバイブーベ【大人目線のバンコク案内】』

2016年6月10日 19:45

#9 伝統医療が生きるタイハーブの殿堂、アバイブーベ【大人目線のバンコク案内】

目次

・タイハーブの国立研究機関へ潜入!
・宮殿を埋め尽くす、好奇心くすぐる陳列棚
・ハーブの殿堂で受ける本格スパトリートメント
#9 伝統医療が生きるタイハーブの殿堂、アバイブーベ【大人目線のバンコク案内】


大人目線で見て、触れて、じっくり感じる最旬タイを、現地在住ライターがご案内。

「アバイブーベ」といえば、タイリピーターの皆さんならきっと耳にしたことがあるはず。そう、タイの定番土産にもなっている美白石けん、マンゴスチンソープのメーカーです。

タイハーブの国立研究機関へ潜入!

201606010_thai01.jpg


前回ご紹介した"タイの軽井沢"カオヤイへドライブするなら、途中でぜひ立ち寄るべきスポットがこちら。カオヤイの南側に位置するチャオプラヤー・アバイブーベ国立病院です。

アバイブーベ病院では、西洋医学とタイ伝統医療を融合させた医療を実践する国立病院で、独自に運営する無化学肥料・無農薬のオーガニック農場で栽培されたハーブを使ったプロダクトを多数生産しています。

201606010_thai02.jpg


タイでは古来から、ハーブとマッサージを使った伝統医療が行われてきました。サムンプライと呼ばれるハーブ治療の研究は王室の庇護のもと目覚ましい発展を遂げ、人々の生活に欠かせない一部となっています。ハーブの国立研究機関であるこちらの病院では、いまでも本格的なハーブ治療を行っており、構内にはサムンプライの歴史を綴った稀少な博物館があります。

宮殿を埋め尽くす、好奇心くすぐる陳列棚

201606010_thai03.jpg


近代的な医療棟とは対照的なクラシックな建物が、お目当ての「タイ伝統医療博物館」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.