くらし情報『53歳で出産。世界でもっとも裕福な女性マルガリータの劇的人生』

2016年6月13日 18:45

53歳で出産。世界でもっとも裕福な女性マルガリータの劇的人生

目次

・営業職から富豪の妻へ。運命を変えた2時間
・専業主婦の暮らしから、夫の死で人生が反転
・女ひとり、熾烈なビジネスの男世界へ
・今春、53歳で双子の女児を出産。5人の母に
53歳で出産。世界でもっとも裕福な女性マルガリータの劇的人生


プラチナ・ブロンドに、やわらかな笑顔。

その姿から温厚さと知的さを感じさせるマルガリータ・ルイ・ドレフュスは、フランスの総合商社の会長で、総資産は約8500億円という世界でもっとも裕福な女性のひとりです。

ロシアに生まれ、7歳で孤児になるという不運を抱えながらも、紆余曲折を経て「ツァーリナ(帝政ロシアの皇后)」と呼ばれるまでになった彼女。

生と死、そして光と影が交差する、その稀有な人生を紹介します。

営業職から富豪の妻へ。運命を変えた2時間

1962年にロシアで生まれたマルガリータは、両親を列車事故で亡くした後、祖父に育てられました。

大学を卒業し、コンピュータ部品の営業として粛々と働いていた彼女の人生が、わずか2時間弱でまったく別のものになるとは誰が想像したでしょうか。

チューリッヒからロンドンに飛ぶフライトで、彼女は隣合わせた男性に時間を尋ねます。そこから会話が始まり、彼が見せてくれたのが、愛犬の写真。その愛らしさに魅せられたマルガリータは、男性と恋に落ちました。

彼女よりも20歳以上も年上だった彼こそが、後に夫なるロベール。じつは、彼はヨーロッパ有数の総合商社の御曹司だったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.