くらし情報『#10 タイマッサージにこだわる。ならば医療機関の伝統治療を【大人目線のバンコク案内】』

2016年6月25日 22:45

#10 タイマッサージにこだわる。ならば医療機関の伝統治療を【大人目線のバンコク案内】

目次

・タイ王室御用達病院の伝統治療セクション
・古都チェンマイにある大学附属医療センター
#10 タイマッサージにこだわる。ならば医療機関の伝統治療を【大人目線のバンコク案内】


タイに行ったら毎日でも受けたいマッサージ。どうせ受けるなら揉みほぐすだけでなく、体の不調も治したいもの。ならば、街なかのマッサージ店ではなく、医療機関の専門施設を選ぶほうが確実に近道。常日頃から婦人科系の疾患に悩むタイ在住ライターが、2軒の専門施設を訪ねてきました。

タイ王室御用達病院の伝統治療セクション

20160624_thai_01.jpg


バンコク、チャオプラヤー川を渡ったところにある「シリラート病院」は、タイ国内最大最古の総合病院。敷地内に医療博物館が6つあり、観光客の間でも有名。チュラロンコン王(ラーマ5世)が創設し、現タイ王室とも繋がりの深い病院です。

高層棟の13階にある「Siriraj Applied Thai Traditional Medicine」は、タイ伝統治療のセクション。基本的には患者さん向けの治療施設ですが、「外部の利用者でも空いている時間なら対応してもらえる」とタイの知人から聞いたので、事前予約して訪れてみました。

20160624_thai_02.jpg


なによりもまず驚いたのが、上質なモダン空間。空中庭園には蓮の花が美しく咲き、高級ホテルのような格調の高さは、病院内とは思えないほどの雰囲気です。バンコクを一望できる特別室には、タイ伝統医学の歴史を描いた巨大な絵画が展示されており、細部一つ一つまでじつに見事。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.