くらし情報『芸術の秋はもうすぐそこ。クロード・ルルーシュ監督の恋愛映画が復活』

2016年8月29日 17:45

芸術の秋はもうすぐそこ。クロード・ルルーシュ監督の恋愛映画が復活

目次

・恋愛映画の金字塔『男と女』
・映画の世界を味わえるコンサート
・さらにクロード・ルルーシュ監督最新作!
芸術の秋はもうすぐそこ。クロード・ルルーシュ監督の恋愛映画が復活


映画『男と女』の「ダバダバダ〜♪ ダバダバダ〜♪」というどこか甘美な曲、誰もが一度は聞いたことがあると思います。

『男と女』はフランス映画史に残る傑作と言われる作品。2016年、製作50周年記念にあたって、改めて注目されているのです。

恋愛映画の金字塔『男と女』

1966年カンヌ国際映画祭ではグランプリを受賞、1967年のアカデミー賞では外国語映画賞を受賞した『男と女』はクロード・ルルーシュ監督による伝説的フランス映画。

ドーヴァー海峡に面した避暑地ドーヴィルの街を舞台に運命的な出会いをした大人の男女の恋を描いた作品です。

今年、恵比寿ガーデンシネマで10月15日(土)から『男と女《製作50周年記念 デジタル・リマスター版》』が上映。

50年の時を超えて鮮やかな映像でいまに蘇ります。

映画の世界を味わえるコンサート

映画の中では美しい映像とリンクする音楽がとても印象的。

音楽を手がけたのは、作曲家のフランシス・レイで、この作品以外にも『パリのめぐり逢い』や『愛と哀しみのボレロ』などルルーシュ監督とタッグを組んで数々の名作を生みだしてきました。

そんな彼らの作品が、フルオーケストラの演奏と共に甦る『クロード・ルルーシュ・イン・コンサート!』が2016年9月20日(火)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.